Umaize | 日本のスポーツくじの法的地位
392
post-template-default,single,single-post,postid-392,single-format-standard,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.5,vc_responsive
 

日本のスポーツくじの法的地位

日本のスポーツくじの法的地位

2018年まで、日本はカジノを合法化しました。開発は立法を可決するために置かれた議員に嘘をついた。今年、3つのカジノを設立する準備が整うと、特定のものが出現し、後押しされることが予想されます。日本ではスポーツ賭博は依然として複雑なテーマですが、賭けは禁止されていますが、州では少数のスポーツの例外を認めています。とはいえ、賭けは完全に禁止されたネザー全体で合法化されていません。お金を賭けることができる特定の種類のスポーツがあります。

スポーツベッティングの歴史:

スポーツベッティングは日本で長い歴史があり、それは王の間での娯楽活動であった7世紀にまで遡ります。しかし、時代は変わり、日本人の日常生活に影響を与えました。第二次世界大戦中に宝くじの部分的な禁止がありましたが、すぐにそれが復元され、政府はそれを使って損失や可能な限りの回復に役立てました。日本での賭けにおける最初の現代の規制は1907年にもたらされました。

刑法:

刑法第23章によると、日本では賭けが禁止されていますが、モータースポーツ、競馬、公共スポーツ、宝くじには例外があります。これらは娯楽の一形態として使用され、地方自治体および中央政府の収入を生み出すために使用されます。日本の競馬業界は2,500万ドルの価値があり、今後数年間で記録的な高さになると予想されています。

オンラインベッティング:

刑法はまたオンライン賭博を禁止しますが、定義はあいまいです。日本ではオンライン賭博プラットフォームを運用することはできませんが、日本国外のウェブサイトに賭けることを妨げるものはありません。日本に座っている間に賭けをすることができ、多くのウェブサイトは支払い方法として日本円を受け入れています。

公共スポーツ:

同様に、競馬、自転車レース、パワーボートレース、アスファルトスピードウェイバイクレースなどのパブリックスポーツに賭けることもできます。法律で規制されており、これらは一般の人々の間で非常に好まれていますが、競馬の賭けに言及すると、ゲームは日本文化の魅力を持っています。

宝くじとパチンコ:

日本は、第二次世界大戦後、宝くじシステムを再び合法化しました。宝くじ券は市内の隅々で入手できます。カウンターまたはチケットブースからチェックアウトできます。パチンコは、民間企業が運営するピンボールスロットのようなものです。電気の消費のために機械を設置するという話がありましたが、後に当局は機械のエネルギー消費を規制するよう求められました。しかし、2016年の時点で、機械を設置する法律が最終的に施行される可能性があります。

カジノの有望な合法化:

日本は国内で最初の3つのカジノを設立する準備ができており、前向きな発展により、この改善が日本市場で賭けの新しい時代を開くことが期待されています。国はeSportsからなんと4700万ドルを稼いでおり、すべてのことを考慮すると、遅かれ早かれ考慮に入れられ、あらゆる形態の賭けの扉が開かれる可能性があります。

結論:

日本の賭けは特定の特定のスポーツに限定されていますが、eスポーツにおける国の進歩と国の最初のカジノのセットアップは、状況が変わることが予想されます。これは突然ではないかもしれませんが、少し時間がかかります。日本がカジノを禁止した時から、それが確立する1つになりつつあることから、賭博業界に対する国の積極的なアプローチは自明です。時間はかかるかもしれませんが、確かに彼らの希望をそれに留めることができます。

No Comments

Post a Comment