Umaize | 日本の陸上スポーツ賭博に関する法律
412
post-template-default,single,single-post,postid-412,single-format-standard,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.5,vc_responsive
 

日本の陸上スポーツ賭博に関する法律

日本の陸上スポーツ賭博に関する法律

日本でのスポーツ賭博は非常に複雑ですが、理解するのは難しくありません。日本政府は現在、競馬とモータースポーツを除き、あらゆる形態のギャンブルを禁止しています。自転車、トト、パブリックスポーツも含まれています。これは政府機関によって厳重に監視されており、法律違反は厳罰に処せられます。現在、カジノ運営委員会は、日本でのゲームと賭けを見ており、3つの提案されたカジノがポップアップするとすぐにカジノの部門を引き継ぐ予定です。

ギャンブル:

日本にはギャンブルの歴史があり、6世紀にまでさかのぼることができます。しかし、現代の規制は1907年に導入されましたが、第二次世界大戦のために、特定の制限がありました。戦後まもなく、国はさまざまな改革を行い、国が災害に対処するのを助けました。現在、日本はあらゆる種類のギャンブルや賭けを犯罪としています。これらには、競馬、自転車、トト、宝くじ、モーター、公共スポーツが含まれます。この禁止は、刑法第23章によって実装されています。

刑法第23章:

このコードは、私的または公的ないかなる形式のギャンブルも禁止していますが、特定の場所ではあいまいです。法律は確かにギャンブルを禁止しますが、オンラインギャンブルとそれに没頭するプレイヤーについては触れていません。ですから、日本国外に賭けている限り、それは完全に合法です。最初に外国の賭けサイトに慣れる必要があります。

統合リゾート(IR)実現法:

この法律は、日本でのカジノの設立を合法化します。この措置は2000年から合法化に取り組んでいる議員によって行われました。これは2015年に提示され、2018年に可決されました。これは、法律によって禁止されていたカジノが日本に存在することになりますが、現在は完全に合法です。法律では、カジノはさまざまな場所に建設されるとされています。

制限:

カジノは統合リゾート(IR)の形で設立されます。国会が立法を通過したときに感じた妨害の1つは、日本が中毒になりがちであるということでした、そしてそれが地元の人がカジノに入るのに特定の制限があった理由です。日本の地元の人は、週に3回または月に10回カジノを訪れることができます。
カジノ管理委員会:
カジノ管理委員会の仕事は、統合リゾートを見渡すことです。委員会は、厳重な警戒を規制および維持することから、カジノハウスに新しいライセンスを取り消して付与する権限も持ちます。キャビネットの外部部門として機能します。

入札:

大阪、東京、横浜で統合リゾートを運営する取り組みは、2019年に大阪から提案依頼書(RFP)プロセスを通じて最初に開始されました。適用された5社のうち、MGMに契約が付与されました。残りの企業は入札を大阪に提出しておらず、東京と横浜で残りの2つのライセンスを確保しています。

結論:

2000年代初頭に日本でカジノ産業の設立が始まったが、最近では2015年に最初の法案が可決されてから浮上している。 2018年に日本のカジノの新しい時代を迎えました。日本の馬の賭けは最高の状態であり、カジノの世界でそのデビューを果たしていますが、これらの発展は、国内のギャンブル業界をさらに後押しするようです。

No Comments

Post a Comment