Umaize | 日本のeスポーツベッティング市場について知っていること
421
post-template-default,single,single-post,postid-421,single-format-standard,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.5,vc_responsive
 

日本のeスポーツベッティング市場について知っていること

日本のeスポーツベッティング市場について知っていること

日本は今年、3つのカジノにライセンスを発行しようとしていますが、それ以来、市場は活況を呈しています。日本のギャンブルと賭博の歴史は古くからありますが、その法的規制は4つのスポーツしか賭けられなかった1907年まで遡ることができます。宝くじから競馬まで、日本ではベッティングマーケットはよく知られていますが、カジノ業界でデビューする時期です。日本は世界最大のeスポーツ市場の1つです。

価値:

日本という名前はeSportsと同義ですが、業界が日本経済の1%未満しか生み出さないことは衝撃的です。日本のeスポーツ産業は2018年に4,400万ドルの価値がありましたが、政府の規制により、この産業は潜在的な成長の影響を大きく受けています。

アメリカンゲームの崩壊:

日本のゲーム産業は1980年に世界市場に影響を与えました。1983年、アメリカのゲーム産業はひざまずき、日本は舞台を引き継ぐための模範的な能力を示しました。業界は幼少期にあり、競争は厳しくなっていますが、日本の業界はこの分野で注目を集めました。トウゲキ、トガンガリーグ、ミックスアップナイトなどの競争の激しいトーナメントを通じて、日本のプレーヤーは完全に嵐を乗り越えました。

 

規制:

日本の刑法は、日本の賭けを特に禁止していませんが、少数のスポーツに制限されています。日本の土壌で機能しない限り、eSportsに自由に賭けることができます。日本ベースのベッティングには規制がありますが、外国のeSportsブックマークはオンラインでサービスを拡張できます。確かにその言及があります。ただし、ブックマークを選択するときは注意する必要があります

市場:

現在、日本は世界のeスポーツで最大の市場です。この進歩は日ごとに増加しています。世界のeスポーツ経済のシェアと比較すると小さいかもしれませんが、1つは、この国がeスポーツ市場に大きく貢献していることです。市場は2018年に300万ドルの成長を遂げ、価格は4,400万ドルでした。ソニーと任天堂の本拠地である日本のゲーム業界の収益は、2018年に192億ドルで、世界で3番目になりました。

プレイヤーと紹介:

6700万人を超えるプレーヤーがいる日本は間違いなくゲームの目的地ですが、法律は重要な役割を果たしています。主要なゲームイベントにeSportsが含まれるようになったことは、近年大きな変化をもたらしています。これは、蒸留所サントリー、コンビニエンスストアチェーンのローソンおよび他の衣料品ブランドのような大企業を引き付けました。東京政府は、成長市場を最大限に促進するために少し努力し、また、財政予算からゲームイベントが導入されることを発表しました。

スポーツくじ:

日本には独自の賭けに関するルールがあります。現在のところカジノはないかもしれませんが、宝くじ、パチンコ、スポーツ賭博への賭けは合法です。日本のフットボールリーグへの賭けから競馬などへ。合法化の良いところは、詐欺行為がないことです。法律の下で賭博産業が繁栄することを許可された場合、それは持続可能な市場を創出し、雇用を創出するだけでなく、政府の税収を生み出す助けにもなります。

結論:

賭博市場は日本で活況を呈している市場です。 eSportsの収益が300万ドルに達したため、この数は今後数年間で増加する可能性があります。日本政府は3か所のカジノハウスにライセンスを付与する予定であり、これにより、ギャンブルや賭けのビジネスがさらに繁栄するのに役立ちます。

No Comments

Post a Comment